家計簿ラボ

子育て世代と妊婦さんのための節約・貯金・資産運用ガイド。無料で家計簿診断も受付中!

*

夫が死んだら遺族年金はいくらもらえる?計算方法を解説!年収別試算も

      2017/04/05

スポンサードリンク

旦那さんが亡くなった場合、遺族には年金が支払われます。

遺族年金っていくらもらえるのか、気になりませんか?

今回は「子育て世帯のお父さんが亡くなった場合にもらえる年金額」を計算してみようと思います。

遺族年金の目安

遺族年金の額は、たいてい月10万円ぐらいだと思います。

収入や家族構成によって変わってきます。
細かいことはよいのですぐ知りたいという方はこちらの表をどうぞ。

計算方法を詳しくご説明していこうと思います。

サラリーマン家庭用の計算式です

これから挙げる数字は、

・サラリーマンの夫がいて
・妻と子(18才未満)がいる家庭

を前提にしています。
(妻に収入があってもかまいません。)

それ以外のご家庭(自営業、国民年金加入、お子さんのいない家庭、18才以上のお子さんのいる家庭)については、改めて記事にさせていただこうと思います。

もらえるのは遺族基礎年金と遺族厚生年金

サラリーマン家庭で旦那さんが万が一亡くなった場合には

(1) 遺族基礎年金
(2) 遺族厚生年金

の二つが支給されます。

ちなみに、奥さんが稼ぎ手で、夫が専業主夫の場合は、遺族厚生年金はもらえません。
(奥さんの死亡時に五十五歳以上の旦那さんはもらえます。)

遺族基礎年金の計算方法

まず遺族基礎年金を計算してみましょう。

遺族基礎年金の金額は以下の通りです。

・妻+子1人の場合 1,004,600円/年(83,716円/月)
・妻+子2人の場合 1,229,100円/年(102,425円/月)
・妻+子3人の場合 1,303,900円/年(108,658円/月)

毎月10万円前後の年金がもらえるんですね!

遺族厚生年金の計算方法

さらに、ここに遺族厚生年金が加算されます。

遺族厚生年金の額は、過去の年収の平均額をもとに計算されます。

就職した年から今年までの年収の平均額ってわかりますか?

子育て中のご家庭では、200万円台後半~400万円台となる場合が多いのではないでしょうか。

遺族厚生年金の計算式はこちら

遺族年金の計算方法
年金機構HPより)

「平均標準報酬月額」とは、さきほど計算した過去の年収の平均÷12ヶ月の金額です。

しかし式が複雑で、なんだか難しいですね。

子育て世帯の多くでは、こちらの計算式にあてはめたら十分だと思います。

(平均標準報酬月額×5.481÷1000×300)×3÷4

(この式にあてはまらないのは、平成15年3月以前に就職した方です。遺族厚生年金額がやや高くなりますが、月数百円~数千円程度の差です。)

遺族厚生年金と年収の一覧表

遺族厚生年金額を一覧にしました。

遺族厚生年金額一覧表
入社以来の平均年収
(目安)
平均標準報酬月額 遺族厚生年金月額
180万円 150,000円 15,415円
200万円 166,000円 17,060円
250万円 208,000円 21,376円
300万円 250,000円 25,692円
300万円 250,000円 25,692円
350万円 291,000円 29,906円
400万円 333,000円 34,222円
450万円 375,000円 38,538円
500万円 416,000円 42,752円
550万円 458,000円 47,068円
600万円 500,000円 51,384円
700万円 583,000円 59,914円
800万円 666,000円 68,444円

※概算での金額です。

遺族年金(=遺族基礎年金+遺族厚生年金)の額はいくら?

遺族基礎年金と遺族厚生年金を合わせた額(概算)の一覧です。
この金額を毎月受け取ることができます。

遺族年金額(遺族基礎年金+遺族厚生年金)一覧表
入社以来の平均年収
(目安)
妻と子1人 妻と子2人 妻と子3人
180万円 99,131円 117,840円 124,073円
200万円 100,776円 119,485円 125,718円
250万円 105,092円 123,801円 130,034円
300万円 109,408円 128,117円 134,350円
350万円 113,622円 132,331円 138,564円
400万円 117,938円 136,647円 142,880円
450万円 122,254円 140,963円 147,196円
500万円 126,468円 145,177円 151,410円
550万円 130,784円 149,493円 155,726円
600万円 135,100円 158,023円 160,042円
700万円 143,630円 162,339円 168,572円
800万円 152,160円 170,869円 177,102円

※概算での金額です。

わが家は遺族年金14万円の見込

わが家の場合、夫のこれまでの年収の平均は約450万円でした。

(夫が厚生年金に加入したのが30歳代だったので、よそのお宅よりも多めだと思います。)

そして子どもは2人。

今、夫にもしものことがあれば、遺族年金は毎月140,963円程度もらえることになります。

こんなにもらえるなんて、意外でした。

18才で減額

子どもが小さいうちは遺族年金は月14万円なのですが・・・

子どもが18才になると、遺族基礎年金が減額されます。
(正確には、「子が18才になった年度の3月末日まで」です。)

つまり・・・

1人目の子が18才になったら
→遺族年金は122,254円/月に減額

2人目の子が18才になったら
→遺族年金は103,546円/月に減額

18才というと、大学に進学する年齢。

就職ではなく進学を選ぶとすると、このあたりから経済的には厳しくなることが予想されます。

必要額をきちんと計算して、生命保険、学資保険をかけることが必要になってきますね。

保険の無料相談が必須!

お子さんの生まれる前や、マイホーム購入前には、保険の見直しをすることが大切です。

保険というのは、かけすぎも、足りなくても危険です!

私は出産前にたくさんの保険相談を利用しましたが、その中でも保険のビュッフェのFPさんは、すごく詳しく相談に乗ってくださいました。

遺族年金の額についても考慮して、わが家にぴったりの保険を提案してくださいました。

保険加入をお考えの方にはぜひおすすめしたいです。

こちらの記事でも詳しくご説明しています。

>>保険のビュッフェの無料保険相談で10万円以上トクした!体験談

保険のビュッフェ 無料保険相談申し込み

 - 節約テクニック

スポンサードリンク

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

プロパンガス代が高い!値下げする方法はこちら

プロパンガス(LPガス)って高いですよね。 家計簿診断をしていると本当にそう思い …